活字版「川上漢点字」完成のご案内

 既にご承知のことと存じますが、日本の視覚障害者の触読文字は百年来、フランス人のルイ・ブライユ考案による点字を「かな」に応用した、石川倉次翻案による「かな点字」だけでありました。この体系は、日本の視覚障害者にとって「素早く正確に読む」ことのできる大変便利なもので、日本点字の偉大な基礎となっております。
 しかし、漢字を意味の主体とする日本語・日本文化を深く理解し、享受するための「視覚障害者が読み書きできる漢字」がありませんでした。このことを痛感した故川上泰一は、30余年前から漢字と点字を対応させることに苦心して、日本で初めて考案・創作に成功し、これを「漢点字」と名付けました。漢点字は、偏と旁という漢字の構造を点字に反映させているため、点字使用者と普通文字使用者の「漢字の意味・イメージ」を共有したコミュニケーションに最適な文字として、高い評価を得てまいりました。
 今ここに、漢点字を集大成して、活字版「川上漢点字」を世に送り出すことといたしました。漢点字をお使いの方のご家族や漢点字点訳のボランティアの方々、点字に興味をお持ちの方に、座右の書としてご利用ご活用いただければ幸いに存じます。
点字への関心が高まっている今、点字の奥深さを知るためにも、是非ともご購入いただきますようご案内申し上げます。


活字版「川上漢点字」
全1巻・A4判660頁・厚さ3cm


【内   容】
活字版「川上漢点字」は、JIS 第1水準・第2水準を記載して平成12年4月に世に出し、その点字版につきましても同時に発行しました。
漢字には、意味・読み・形の三要素があり、最も重要なのは、漢字自体が意味を持っていることです。漢字の意味は主に部首によって示されており、点字によって意味を表した漢点字は、漢字の特質を備えた究極の略字、ということができます。
本書は、六千以上の漢点字を点字の順に並べた基本部分を大きい活字で見易くすると共に、晴眼者が様々な場面で墨字の漢字と漢点字を素早く対照できるように、今回の新版発行に伴い、多様な索引を用意しました。漢字を翻訳した素晴らしい漢点字の世界を集大成した書として、是非ご活用下さい。

【掲載内容】
・JIS 第1水準・第2水準漢字(漢点字順)
・漢点字順索引・JIS 順索引・部首別索引・音訓索引

【価   格】6,200円
【送   料】  520円

【ご購入受付】日本漢点字協会
       〒565-0875 大阪府吹田市青山台3-41-9
       TEL&FAX 06-6831-4565

【ご購入方法】郵便振替用紙にてご送金下さい。
       郵便振替番号:00920-6-8819
       加入者名:日本漢点字協会

【発   送】(社福)日本ライトハウス点字情報技術センター
       〒577-0061 東大阪市森河内西2-14-34
       tel 06-6784-4414 fax 06-6784-4417
       (ご入金確認後、およそ一週間で発送いたします。)


【付   記】点字版「川上漢点字」 全5巻・価格16,500円も受付けています。
視覚障害者の方々が購入される場合は、厚生労働省の点字図書給付事業制度、いわゆる点字本価格差補償制度をご利用の場合、自己負担金3,300円でお届けできます。
その際は、当協会作成の発行証明書が必要ですので、お申し付けください。